一ツ事。


大人になるっていうこと。
あたしが小さいとき、思い描いていた大人は、もっと違った。
でも、実際は「こんなもんなんだ」って。
年ばっかり年々増えて、中身はちっとも変わらない。
いや、中身もちょっとずつ変わっているのかもしれないけど。

なんだかんだ文句言ってみるけど、でもやらなきゃいけないから。
そう、やらなきゃ生きていけないから。
正しいか正しくないかわからないけど。

「宮地さんは、そういうことがないと思ってました。
いつも、すんなりとこなしているから。落ち込むとかそういうのないと思ってました。」

あー、そういう風に見えるんだぁ。って思った。
そりゃ人間ですから、落ち込むときはありますよ。
けど、意外と立ち直りが早くて。
いや、波が激しいんだけど。(落ち込み→立ち直り→落ち込み、みたいな)

見返してやりたかった。
あたしは、ちゃんとあたしであって、他の誰でもない。
天秤にかけられて、負けるなんていやだ。
あたしはちゃんと正面から受け止めてほしい。

それと、偏ったことがいや。
みんなのこと同じくらい大事だし、それぞれをわかってあげたい。
遠くにいても、近くにいても。
いろんな意味で、大きな人になりたい。

もう少しでまた一つ年が増えるけど。
その前に、自分のことをちゃんと自分で理解してあげなきゃなと思って。

やっぱり、あたしは追いかけられるより追いかけていたい。
[PR]
by mi7226ki | 2005-11-10 20:03 | わたし